>

どんなシャンプーが世の中にはあるか

主な種類

主なシャンプーの種類ですが、大きく分けると三つあります。

まず一つ目が、アミノ酸系のシャンプーです。
特徴として、頭皮に優しいのが挙げられます。
ただし、成分原価そのものが高いので、店頭での値段もわりと高めなのが多いです。

二つ目は、高級アルコール系のシャンプーです。
実は現在市販されているシャンプーのほとんどがこの種類にあたります。
脂性の肌の人や整髪料をよく使う人にオススメです。

そして三つ目は石鹸系のシャンプーです。
日本ではこのシャンプーが昔からよく使われています。
敏感肌やアレルギー体質の方にオススメです。
ただ、石鹸はアルカリ性なので、使用すると頭皮がキシキシしたりごわついたりするので、好みが分かれる種類でもあります。

シリコンとノンシリコン

また、ここ近年に増加傾向にある種類があります。

それはシリコン入りのシャンプーとノンシリコンシャンプーの二種類です。

シリコン入りのシャンプーのメリットは、髪の毛同士の摩擦を防いでくれたり、髪の毛の表面をコーティングし、見た目をきれいにしてくれるしなめらかにもしてくれます。
ただ、だからといってダメージは回復していません。
それにコーティングしているせいか、美容液や育毛剤などがなかなか浸透しません。

一方、ノンシリコンシャンプーのメリットは、洗い上がりがナチュラルな状態になりますので、髪の毛が軽くなったような感じがします。
しかし、コーティングはしないので髪がキシキシしたりします。

こうしてみてみると、シリコンがコーティングしているのがよくわかりますよね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る