>

どういうシャンプーが髪にはいいか

良いとよく聞かれるのは

髪の毛はもちろん頭皮にも優しいシャンプー。
それの代表格に名前があがるのが、無添加シャンプーというものです。

「無添加シャンプーという名前は聞いたことあるけど、どういう風にいいのかがわからない」「どんなものを無添加シャンプーって言うの?」という方のためにご説明したいと思います。

無添加シャンプーとは、頭皮やお肌の刺激になるとされている合成化学物質が入っていないシャンプーのことを指します。
なので、アレルギー体質の方や敏感肌の人でも使いやすいです。

それ以外にも、頭皮トラブルを防いでくれたり、余計なものが入っていないのですすぎ残しの心配がありません。

ちなみに、ノンシリコンシャンプーとは違いますのでご注意下さい。

何が良くないのか

無添加シャンプーの中に入っているものの何が無添加なのかは、そのメーカーや商品によって違ってきます。
もし本当に無添加なのか不安になったら、パッケージを見てみて、そこにオーガニック認定マークがついているのはほぼ間違いないと言っていいでしょう。

では、逆に無添加ではないものは何なのでしょうか。
ほとんどの場合は、髪の毛やお肌の刺激になりやすいものをそう言います。
主な成分は、パラペンに代表される合成防腐剤や人工香料になります。
それらは市販されている大半のシャンプーに入っています。

また、中には洗浄力の強さを売りにしているシャンプーもあると思います。
ですが、そういったシャンプーは硫酸が入っていることが多いので、気をつけてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る